◆ 朱蒙 チュモン

高句慮を建国した朱蒙の話。
流民を率いて戦う英雄ヘモスの子である朱蒙は扶余国の第三王子として育てられる。
情けなく甘えて育っていた朱蒙だが実の父親がヘモスだと知り志を継ぐため扶余の王子を捨て流民のために戦います。
朱蒙 チュモンの<ネタバレ・あらすじ>⇒こちらから

◆ 火の女神 ジョンイ

モデルは有田焼の母と言われた百婆仙だが、
火の女神ジョンイは倭国に来る前の話であり百婆仙はまったく関係ないと思われる。
朝鮮初の女性沙器匠になるため男装して潜り込む。光海君との恋の行方・父親の仇・・時代は宣祖
火の女神 ジョンイの<ネタバレ・あらすじ>⇒こちらから

◆イ・サン

父親が謀反の罪を着せられ死に至った事でサンは幼くして世孫となる。
父親の無実を証明するため探りながら賢く育って行き敵対する党派も退け22代国王となる。
イ・サンの<ネタバレ・あらすじ>⇒こちらから

◆トンイ

剣契だった肉親が謀反の罪を着せられ殺されます。
幼いトンイは協力を得て宮廷入りするが偶然出会った粛宗王から寵愛を受け淑嬪まで上り詰める。
最も長生きし最も長く王の座に付いた英祖の母でありサンの祖祖母。三大悪女オクチョンとの戦い
トンイの<ネタバレ・あらすじ>⇒こちらから




◆帝王の娘スベクヒャン

三国時代。百済24代王・東城の時代。
25代王の武寧の子を身籠っていたチェファだが唆されて父親が謀反を起こしてしまい追われる身となります。
17年後、使用人クチョンに助けられたチェファは家族4人で静かに暮らしていたが海賊に襲われ命を落とします。
妹を必死で守る姉に対してチェファは亡くなる直前に身分を教えるが相手は妹でした。
妹は海賊に襲われたように装い百済までなんとか辿り着き姉の身分を乗っ取って王女となる。
王の娘だと知らない姉は厳しい訓練に耐え女性でただ一人合格し百済の諜報団として妹を探す。
帝王の娘スベクヒャンの<ネタバレ・あらすじ>⇒こちらから

◆華政ファジョン

光海君が王になると重臣たちの権力争いに巻き込まれ母親は幽閉され弟は殺されました。
母親から逃がされた貞明公主は流れ着いた倭国で硫黄職人として生きていました。
兄と慕っていた光海君に復讐するため朝鮮に戻るが誤解だったと分かります。
宣祖~光海君~仁祖~孝宗王の時代。
王女として凛とし、最後まで権力を民のために使い続け朝鮮を正そうとする。
華政ファジョンの<ネタバレ・あらすじ>⇒こちらから