放課後(東野圭吾)<ネタバレ・あらすじ>まとめ(感想)



< 感想 > 

「放課後」は東野圭吾さんのデビュー作だったのですね。

高校生といえばまだ未熟であり感情もうまくコントロール出来ないですからね、
なんか読んでいて学生時代をほんのりと思い出させていただきましたよ。
さすがに弁護士みたいな雅美みたいな人はいませんでしたが1人1人のキャラがしっかりしていた印象が強いです。

アーチェリー部という特殊な部活だったので密室トリックは簡単に分かってしまいましたが、
どうやってケイが殺人と繋がるのかがさっぱり分からなかったです。
やられました、ケイは計画を立てただけだったのですね。

「主人公が狙われていたのは殺された二人の接点に気付かせないため」と分かってから、
二人が一緒に行動した時は合宿の時だと気付き犯人が分かりました。
東野圭吾さんをそこそこ読んだ経験があるので彼女は合宿の時に襲われたのかなと思いましたが覗かれていたのですね。
確かに学生の頃はそれだけでも同じぐらいの意味があるのかも知れません。
それにしても東野圭吾さんはこのような場面多いですね。
お酒を飲みながら書いていると聞いた事があるのでそのせいでしょうか・・・

「主人公が誰かに狙われている」
こっちに意識が行かなければもしかしたら簡単に解ってしまうのかもしれません。
しかし結局最後は襲われてしまいますが・・・
こちらの方はなんだがね、自分に与えてくれる素晴らしい人が表れたのなら普通に離婚すればいいのに・・・

ケイ達が主人公が死なないように何回か狙っていましたが車に襲われた事だけ裕美子の仕業だったという事ですね。


放課後の<ネタバレ・あらすじ>”はてなBlog”へ移転しました。
 ↓  ↓
「放課後」~誰かに命を狙われていると確信する女子高教師 



むかし僕が死んだ家(東野圭吾)<ネタバレ・あらすじ>まとめ<感想>



はてなBLOGへ移転しました。
"むかし僕が死んだ家""東野圭吾""ネタバレ・あらすじ"はこちらに纏めました。
http://blog.netabare-arasuji.net/entry/mukasibokugasinndaie 



むかし僕が死んだ家< 感 想 > 


登場人物が少なくあまり読んだ事がない推理小説でした。
少ないどころか「私」と「紗也加」しか出てきません、主人公は「私」ですが名前すら出てきません。

幼女時代の記憶がない紗也加が、
亡くなった父親の私物から出て来た地図と鍵を頼りに記憶を取り戻しに行く物語。

東野圭吾さんが好きな人は幼女の頃の記憶がない理由はすぐに想像出来たかと思います。
東野圭吾さんだけではないですが、
ミステリーで幼い頃に性的虐待を受け記憶がなくなるのはそこそこ有りがちですからね。
紗也加が自分の子供に憎しみを持つ事で悩んでいる事からも予想通りでしたが他はまったく想像出来なかったですね。
読んでいて普通に疑う事なくチャーミーは猫だと思っていた自分が恥ずかしい。

長男だと思っていた人が祐介の父親だと推理された時、
なんだかよく分からなくなり頭の中を整理するのに時間がかかりました。
啓一郎の手紙から二人目が生まれ~と書いてあり内容からして佑介は二男だと思わせといて、
実は長男に子供が二人いたという事なんですよね。
また祖父の事を佑介は「おとうさん」と呼んでいる事から推理するのは難しかったです。 

祐介の日記、啓一郎の手紙、金庫の中に入っていた警察の手紙。
この三点が見付かればだいたいの事は分かってしまい終わるのだから、
もうちょい分かり辛い場所から発見するようにして欲しかったですね。
にしても、沙也加が沙也加でなかったのは衝撃でしたね。
読んでいて一瞬背筋寒くなりましたから。 
だが一番最初に入った地下室に普通に何にも隠されることなく例の文字があった事がなんだかね…
 
「私」が、実はどこかで家系が繋がってくるのかと思いましたがそれはなかったですね。
ただ「私」の両親も本当の親ではない事で推理が働くといったところでしょうか。
最後の2,3ページで僕が死んだ理由が書かれていますが気持ちは分かったような分からないような感じです。

1日で読み終え登場人物が2人しかいないとなると、なかなか興味深い面白い推理小説でした。

 

流星の絆(東野圭吾)<ネタバレ・あらすじ>まとめ<感想>



<感想>
テレビドラマではかなり笑いが含まれていましたが原作では笑える場面はないですよね。
当然と言えば当然です。14年前の小学生の頃に両親が殺されたのですから。
たまたまドラマを先に見てしまったのでなんとも思いませんでしたが、
もし原作を先に読んでいたら半分笑いがあるドラマは見れなかったでしょう。

ドラマの方は詐欺でせっかく儲けたお金を、
自分のお店のオリジナルTシャツやステッカーを作りお馬鹿な一面がある功一だが、
原作では頭のキレる賢い、冗談などはおそらく言わないであろう完璧主義者のようだ。

結末もドラマとは違いますね。
原作は柏原が歩道橋の上から飛び降りて自殺してしまいますが、
ドラマではどこかの屋上で功一の説得により生きて罪を償う事になっています。

どちらも良く出来ているとは思いますが、
両方見るなら「流星の絆」はドラマを先に見た方がいいと思いますね。

まさかの犯人でしたが原作はなかなか面白かったです。
三人のやる事がうまく行き過ぎな部分はあまり気にしない事にします(^^ゞ

”はてなBLOG”へ移転しました。
流星の絆<ネタバレ・あらすじ>はこちらに纏めました。宜しくお願いします

http://blog.netabare-arasuji.net/entry/ryuuseinokizuna
 

 

疾風ロンド(東野圭吾)<ネタバレ・あらすじ>纏め、感想!



<ネタバレ・あらすじ>感想

和田と名乗っていた男は折口栄治、折口真奈美の弟であり、
姉、真奈美から使い方によっては莫大なお金が入ると言われ姉の指示通り和幸を尾行していた人物です。

犯人がいきなり事故で死んでしまい、
「K-55」を埋めた場所が誰にも分からない状態で物語が進みます。

非常に面白かったです。(途中までは。)
なんと言っても栗林親子の何処にでもいるような親子ですが人柄の良さが表れていて憎めない印象がありましたね。
そしてスノーボード選手の逞しい女性、千晶。
(勝手ではありますが女優の杏さんにぴったりな感じがします)

ただここに登場する中学生は人が良過ぎというかしっかりし過ぎています。
中学生といえばまだ世間知らずな子供のはずです。
そして、
面白かったですが途中から失速してしまった感じがしました。
折口が追っていたのは物語的には面白いですが、
妹が死んで母親を納得させるために「K-55」を盗んだ高野にいたっては納得できませんでした。
理由を聞いてもまったく気持ちが分からない無理な強引な設定をはめ込んだ気がします。
途中まで本当に面白く一気に読んでいただけに残念です。

高野の無理な設定さえなければ面白かったですね。
最後の最後で失速してしまった印象が強かったですが、
東野圭吾さんらしくない面白い設定だったのは確かですのでこればっかりは好みの問題なので読んでみてはいかがでしょうか。。

<ネタバレ・あらすじ>
疾風ロンドの<ネタバレ・あらすじ>は”はてなBlog”に纏めました。 

 

<ネタバレ>朱蒙(チュモン)=重要人物、召西奴(ソソノ)と重要地点、卒本


高句麗を建国した朱蒙だが、
召西奴(ソソノ)が主役だという声も少なからずあります。(後に、高句麗、百済、と二国の建国者)
 
朱蒙(チュモン)が宮殿を追い出され辿りついたのが当時ヨンタバルが君長であった卦婁(ケル)です。
ヨンタバルは卒本の大君長でもあり、その娘が召西奴(ソソノ)です。

卒本(チョルボン)は扶余の支配下にある連盟体の通称で、
橡那(ヨンナ)、桓那(ファンナ)、沸流(ピリュ)、貫那(クァンナ)、卦婁(ケル)の5部族で構成されている。
後に朱蒙が誰の血も流すことなく卒本を統一し高句麗を建国、王になる。

橡那(ヨンナ)、桓那(ファンナ)、貫那(クァンナ)は、
統一する時に朱蒙から説得される場面ぐらいでしか出てきませんが、
沸流(ピリュ)の君長ソンヤンは召西奴(ソソノ)とかなり争います。

<召西奴(ソソノ)>

朱蒙王子が大使の座を争っている時、
永遠の塩を確保するためにソソノ率いる卦婁郡も朱蒙と共にコサン国に同行している。

扶余がチンボン・イムドゥンへの戦が決定した時、卦婁、ヨンタバル商団は軍商として参戦している。
漢の鉄騎軍と戦うため遊牧民を兵にしたい朱蒙は交渉に失敗するが召西奴(ソソノ)が説得に成功する。
扶余軍の本隊より軍商を率いて出発した召西奴(ソソノ)は、
沸流の君長ソンヤンの刺客に襲撃され捕えられてしまうが朱蒙に助けられる。

朱蒙に想いを寄せる召西奴(ソソノ)であったが戦で行方不明だった朱蒙が死んだとおもい、
テソから求婚の圧力がかかり逃げるように商団の護衛官だったウテと婚姻してしまう。
また、この時、父ヨンタバルから君長の座を譲られるが、
ヨンタバルの妹、ヨンチェリョンは沸流の君長ソンヤンに服従するかわりに息子のチャンスを卦婁の君長にとお願いする。
君長会議が開かれヨンタバルは大君長の座をソンヤンに奪い取られる。

朱蒙が扶余の王子を捨て流民を率いてタムル軍の大将になった頃、
召西奴(ソソノ)は懐妊中であるにも関わらずヨンチェリョンから遠方への商いを命じられる。
取引を見事成功させていた召西奴(ソソノ)は、
父ヨンタバルへ書状を送り、いつか卒本を統一し国を建てるのが願望だと伝え宮殿を建てる決意をする。

扶余宮殿で朱蒙の母ユファと妻イエソヤが人質となった時、
召西奴(ソソノ)は扶余宮殿への秘密通路の地図を側近のサヨンに届けさせている。

扶余でクムワが復権し朱蒙が呼び戻された時に、
好機とばかり召西奴(ソソノ)とヨンタバルは扶余を訪れるがソンヤンに発見され沸流へ連行される。

ヨンチェリョンに服従しつつ密かに強力な大群を養成していた召西奴(ソソノ)達は、
卦婁へくるソンヤンに襲撃し権力を取り戻そうとするがあと一歩でソンヤンは逃走し、この襲撃でウテが他界する事になる。
武力で卦婁を取り戻しヨンチェリョンを服従させソンヤンへの復讐を誓う。

タムル軍の本拠地、ポンゲ山を訪れ、
朱蒙に卒本を母体に一緒に国を建てる提案を持ちかける。

ヒョント城ヤンジョンの後ろ盾を持ったソンヤン陣営に浸入し奇襲をかけたが召西奴(ソソノ)は重症を負う。
同盟を結ぼうと卦婁を訪れた朱蒙はすぐにソンヤン陣営に駆け付け召西奴(ソソノ)を救いだす。

朱蒙率いるタムル軍と卦婁が手を組んだ事により流民が押し寄せる。

朱蒙は戦をせず説得のみで卒本を統一させる。卒本を建国。
召西奴(ソソノ)は莫大な資金をかけ密かに建造していた宮殿に招待する。

漢と扶余による交易封鎖令のため包囲された卒本は南下して航海術で食糧などを運び危機を逃れるが、
この時、オクチョの海賊達と召西奴(ソソノ)が危険な役割を見事果たしている。

ヒョント城を打ち破り貴族等を捕え、その貴族等と交換を条件に漢に捕らえられていた流民を助け出した。
この時、敵軍に交渉をしに行ったのがヨンタバルである。
また古代の領土を取り戻し高句麗を建国するが、
建国する前に内輪揉めが起こったため卒本が纏まるように朱蒙と召西奴(ソソノ)は婚姻を決意する。

ヨンチェリョンが謀反を越そうとしたので召西奴(ソソノ)はヨンチェリョン等を捕え国外へ追放するが
イエソヤとユリが生きていて高句麗に迎えられたため、
朱蒙が生きていると大使の座はユリに奪われると口車にのせられたピリュ王子が加担していた。

いずれ王子で争う時が来ると思った召西奴は高句麗を去る決意をする。
卒本勢力を率いてピリュとオンジョ(ソソノとウテの間に授かった子)を連れ南方へ下る。

朱蒙の話はこれで終わるが、
その後、召西奴(ソソノ)は南に百済を建国している。

‘はてなBlog”へ移転中です。

朱蒙の<ネタバレ・あらすじ>はこちらに纏めました。

 ↓  ↓




スポンサーリンク

最新記事
応援宜しくね(^^