軍用ヘリコプター”ビックB”の開発者の1人錦重工業技術者・湯島一彰は納入式の立会いに妻・篤子と息子の高彦を連れて行きました。

”ビックB”は全長34メートル総重量25トン、日本最大のヘリコプターである。

 

高彦(一彰の息子)と山下恵太(技術者の息子)が見学している時に操縦席に誰もいないビックBのエンジンがかかり高彦だけが取り残され空高く舞い上がり福井県敦賀市にある高速増殖原型炉”新陽”の上空でホバリングした。

 

”天空の蜂”と名乗る者からFAXが届く。

ビックBには大量の爆発物を積んでおり燃料がなくなれば稼働中の原子炉建物に墜落する。

日本の原子力発電所をすべて破壊し発電不能にすれば危機を回避できる。

ただし「新陽」だけは停止してはいけない。

 

ビックBはAFCS(自動飛行制御装置)を搭載しているため事前にプログラムすれば遠隔操作が可能になる。

一彰はビックBを操縦するにはマニュアルモードでの操縦経験とAFCS構造の詳しい知識が必要だと警察に述べました。

 

原子力発電所の技術者達は安全性を否定することになり稼働停止だけは避けなければと考えている。

警察はおそらく予定になかった子供が乗っていることをマスコミを通して発表し”天空の蜂”に直ちにヘリを移動し子供の命を助けるよう呼びかけました。

また科学技術庁原子力局は仮に爆発しても安全装置は何層にも重なっているため大量の放射性物質が放出されることはないと発表しました。

 

新陽の総合設計を担当した三島は、

高速増殖炉の燃料は数千年の原子炉燃料を確保できるため未来のエネルギー機器のためにトライアンドエラーを繰り返す必要があると説明した。

もしビックBが墜落し放射能が漏れると半径250キロに避難勧告を出し数百年捨てなければならない。

消防課長は避難する場所がないなら部下に待機命令など出せないと述べると三島は原子炉格納容器ならジャンボジェット機が直撃しても破壊されないと言いました。

 

新陽を除くすべての原子力発電所を停止させ、

救出者はビックB内部に入ってはいけない、そして生中継することを条件に”天空の蜂”は救出の許可をだしました。

 

高彦がモールス信号を勉強している事を知った一彰はライトでメッセージを送ると高彦は気付きました。

内部に何かあるか聞くと木箱だと返事があり爆発物の可能性があるため必ず助けるから絶対に触るなと送りました。

続きはこちら 




 

スポンサーリンク