<ネタバレ・あらすじ>

読書・映画・ドラマなどの<ネタバレ・あらすじ>を書いておりますが、 ミステリー小説中心の<ネタバレ・あらすじ>です。

東野圭吾

白夜行(東野圭吾)<ネタバレ・あらすじ>⑨笹垣の推理、そして桐原亮司の最後





白夜行<ネタバレ・あらすじ>⑨


桐原洋介が刺殺されてから20年たっていた。

この事件は時効になってしまい、今年の春に笹垣は刑事を定年退職したが調べ続けている。

クリスマスイブ、大阪心斎橋に「R&Y」のお店がオープンする。

そこへ桐原亮司が必ず唐沢雪穂の周辺に現れると確信している。



19年前、寺崎が事故死してしまい迷宮入りとなってしまったが寺崎は犯人ではないだろう。

桐原洋介が持っていた100万が車の中から発見されなかった事と借金を抱えていたのにどこへも返済していなかったからだ。

桐原洋介が殺された次の日、西口文代が事故死した。

しかし事故死とは思っていない、文代はあまり酒を飲まず風邪薬も通常の五倍以上も服用していた。

それで自殺説が出たが、それは雪穂が母親は風邪ひいていたとかカップ酒を飲んでいたとか言い始めたからだ。

事故死でも自殺でも雪穂はどちらでも良かったのだ、自分が殺したから・・・

洋介が殺された現場には当時小学生達が遊んでいたと言う足跡しかなかった、それを見逃していたんだ。

第一発見者の菊池に聞くと慌てて出る時、ドアの前にブロックやガラクタが置かれていて開かなかったと言う。つまり部屋から出る時はダクトを通って外へ出た事になる。

普通に犯人は小学生だと何故思わなかったか今では後悔している。

そして亮司の母親に会ってみると今になって殺された洋介は幼い子に対して性癖があった事を言いだした。

桐原洋介の狙いは母親ではなく娘の方だったのだ。

それだけでなくあの日のアリバイ、亮司も一緒にいたと言っていたが姿を見たわけではなかった。

雪穂はいつも図書館に行っていた、調べて見ると殺された洋介の息子、亮司も来ていたのだ。

亮司は自分の父親が雪穂を連れてビルに入るのを目撃しダクトを通って中に入り何をしているのか分かってしまったのだ。切絵が得意でいつも持ち歩いていたハサミで自分の父親を殺したのではないだろうか。

自分の事を守ってくれた亮司に対して雪穂は亮司を守るため母親を殺した。

寺崎の事故車の中からキリハラの質屋のライターが見付かったのも亮司と雪穂が繋がっているのなら簡単に出来る事だ。そう考えるとすべてが繋がる。洋介が持っていた100万はおそらく西口文代に渡ったのだろう。



中学時代、雪穂の過去の噂を流していた藤村という女性がレイプされた事件には容疑者がいた。

その容疑者とは洋介を発見した菊池の弟だ、そしてそのアリバイを証言したのが亮司だった。

菊池は母親から貰ったその日までが有効期限の映画のチケットを貰い見ていたらしいが、

そのチケットは市場の菓子屋で働く母親が女子中学生に貰ったという事だった。おそらく雪穂だろう。

そもそも菊池が疑われたのは持っていたキーホルダーが現場に落ちていたからだが簡単に落ちるものではないと言っていた。

菊池は友達が撮った写真の中に亮司の母親と松浦がホテルから出てくる写真を見付け亮司に見せた事があるという。

亮司がアリバイを証言してくれたからその写真を渡したのだ。

この事件は雪穂と亮司が同時に目的を果たす計画だったのではないだろうか。



相手の魂を奪う手っ取り早い方法だと信じているのだろう。



笹垣は篠塚を連れて篠塚の従兄の家を訪れた。

篠塚薬品のネットワークに浸入したハッカーは帝都大学付属病院のコンピューターを経由していた。

その薬剤師が同棲していたのが秋吉雄一に間違いなかった。

秋吉が大阪に帰った時、雪穂の母親が突然亡くなった日と重なる。病院でもなんで突然呼吸が止まったか分からないようだった。

散々雪穂の後には何か存在しているから結婚は反対だと言っていた意味が分かってくれたら良いなと篠塚は言っていたが従兄はとことん雪穂に惚れていて聞く耳持ちやしなかった。

従兄がイラついて投げたゴルフボールが盆栽にあたり倒れて割れてしまった。

その土の中から薄緑色したガラス片が見付かり聞くところによるとこの盆栽は雪穂の実家の庭にあったものだそうだ。

元同僚の現在捜査一課長の古賀に連絡し雪穂の実家には今現在誰も住んでいない事から掘り起こしてもらい中から松浦の白骨した遺体が見付かったのだ。

おそらく亮司が殺したのだろう。

亮司には実はアリバイがない事で松浦は洋介を殺したのは亮司だと知っていたのだろう。

または洋介の趣味が幼女に走らせたのは松浦が表れて母親が浮気するようになったからだと恨んでいたからかも知れない。



<クリスマスイブ>

「R&Y」がオープンする日、必ず亮司は現れると話したら古賀が同調してくれた。

秋吉雄一という名前はどこかで聞いた事があるとずっと思っていたが、

お店の向かいの喫茶店にいる時に思い出した、中学時代のレイプ事件でキーホルダーの持主は菊池だと警察に言った人物の名前だと。



ところどころの客が赤い紙を持って出て来た。

よく見るとトナカイの形に見事に切り抜かれていたものだった。

サンタクロースの格好をした亮司が配っていたのだ。



笹垣と刑事達はそのサンタクロースを見付け追い詰めると、亮司は一階に飛び降りてしまった。

駆け付けると胸には子供の頃から大事に持っていたハサミが胸に刺さっていた。



近付いてきた雪穂に彼は誰か訪ねると「知りません」と言い一度も振り返る事なくエスカレーターを上がっていった(終)

感想

白夜行(東野圭吾)<ネタバレ・あらすじ>⑧唐沢雪穂の魔力 






白夜行<ネタバレ・あらすじ>⑧



行方不明となった今枝の事務所の留守電に、

「唐沢雪穂の調査の件でその後どうなりましたか?」という篠塚の声が入っていた。

唐沢雪穂の事を自分以外の人間も探していると分かり今枝を訪ねたわけだがそれを依頼したのが篠塚なのだろう。



笹崎は篠塚一成を訪ねた。

警察手帳は見せたが名刺は名前と住所が書かれたものを渡した。

警察の名前が入った名刺を悪用された事があるからだ。



すでに時効になってしまった18年前の殺人事件で重要な鍵を握っている可能性があるので調べている事を伝えると、

篠塚は雪穂の後ろに何か見えない力の存在を感じる事と深く関わった人間が不幸を背負う印象を持ち今枝に依頼したとの事だった。

18年唐沢雪穂を追ってきた笹垣は、篠塚は的確に状況を把握していると思った。

 

今枝が行方不明になる前、しばらく旅行に行くから新聞は停止してくれと電話があったそうだ。

今枝の失踪を仕組んだ人間が手を打ったと考えると今枝はもう生きてはいないだろう。

また唐沢雪穂の調査書のファイルだけ見当たらなかった。

必ず唐沢雪穂の周辺にいる幽霊みたいなもんですと桐原亮司の写真を篠塚に見せ見掛けたら必ず連絡するようお願いした。



寝苦しい夜が続いていた。

篠塚は笹垣と交わした会話が頭から離れないでいた。

雪穂がただならぬ女性ではないと分かっているから従兄の結婚も賛成出来ないのだ。



従兄の篠塚康晴から電話がかかってきて雪穂の母親が亡くなり自分は仕事で手が離せないから行ってくれと頼まれた。

これ以上彼女と関わりたくなかったが断る理由が見当たらなかった。



新大阪に到着すると雪穂と一緒に働くものが迎えに来てくれていた。

雪穂の実家は古風な味わいのある日本家屋だった。

「来てくれないかと思ってた」

嫌われていて避けられていると思ってたからと言われ篠塚は一瞬戸惑ったが嫌う理由なんてないとなんとか誤魔化した。

しかしそれを聞いた雪穂が「本当ですか?信じていいの?」とそばまで寄って来た。

大きく揺さぶられ自分でも説明つかない感情が湧きあがってきた。

電話がなった事で助かったがなければ抱きしめていただろう。



雪穂の職場の人の話を聞いていると、どうやら雪穂は三店目をオープンする準備でかなり忙しいようだった。

もし母親が入院続くようなら大阪と行ったり来たりで大変だったろうなと聞き嫌な予感がした。

新大阪に迎えに来てくれた女性は雪穂から大阪に呼ばれた時に病院から連絡があったと言っていた。

これは確かなアリバイを作るためでそのうちに病院に誰かが忍び込み生命を維持している装置に何か細工したんではないかと疑った。

それは笹垣から桐原亮司の写真を見せられ気になっていたからだ。



帰る時、

「本当は怖いんです、1人になるのが」と背中に寄り添ってきた。

魔力に負けないように振り向かないで「おやすみ」と言い呪縛を解き家を出た。



その後、篠塚は従兄の結婚を最後の最後まで反対したが彼は聞く耳を持ってくれなかった。

やがて従兄と雪穂が結婚すると篠塚薬品の情報があっちこっち漏れ出したのだ。

最終章はこちら

白夜行(東野圭吾)<ネタバレ・あらすじ>⑦栗原典子と秋吉雄一





白夜行、ネタバレ・あらすじ>⑦

帝都大付属に勤める栗原典子は秋吉雄一と一緒に暮らしていた。

ある時、家のアパートの下で胃を痛めてうずくまってるを看病したのが出会いだ。
一週間後、秋吉はお礼をしたいから新宿に行こうと言い出すが仕事で疲れていたので一度は断ったが会えない気がしてなんとなく近くのファミレスでならと御馳走になったのだ。
しばらくして秋吉は仕事を辞め推理小説を書きたいと言い出した。
社宅を出なければいけなくなりしばらく貯金で暮らすと言っていたため典子は一緒に暮らさないかと誘ったのだ。

推理小説のネタを考えていた秋吉は急に青酸カリが必要だと言い出した。
あるルートから手に入れるというのでなんだか怖くなり病院に勤めているため少しの間ならと持ち出したのだ。
秋吉は閃いたと言い、
殺したい相手の家が洋式だとして便器に青酸カリと硫酸を入れすぐに蓋を閉め、
帰ってきたターゲットが青酸ガスを吸い込むのはどうだろうと相談してきた。
蓋の密閉度を高める必要がある事と換気扇を回しておけばこちらが間違えて吸ってしまう事もないのではとアドバイスして推理小説が速く完成したらいいなと思っていた。

秋吉は推理小説の取材でしばらく家に帰ってこない時があった。
戻って来た時、秋吉の服は泥だらけだった。
シャワーを浴びている時に秋吉が持っていたバックを除くとそこには中身のない「今枝探偵事務所」と書かれたファイルと確実に量が減っている青酸カリだった。
典子は胸騒ぎして気分が悪くなった。

秋吉が仕事で大阪に行くと言い出したので彼の出身地という事を思い出し一緒に行く事にした。
彼の生まれ育った街を歩いていると1人の女性が「リョウちゃん?」と話しかけて来た。
振り向く事なくそのまま歩き出したので人違いだったらしい。
仕事で出かけるからと1人で行ってしまったので典子はもう一度彼の生まれ育った街に自分なりに記録するためポラロイドカメラを買って行ってみた。
ホテルに帰るとすでに彼は戻って「すべて終わった、何もかも終わった」と秋吉は口にした。
結婚情報サービス会社を通じて知り合った藤井から連絡があった。
会うつもりはなかったが今一緒に住んでいる男の事でどうしても話したい事があるというので気になり会う事にした。
藤井と付き合っていた時、母親の看病で忙しくなかなか会ってくれなかったので別れたのだ。
母親は綿を喉に詰まらせて亡くなったらしいが、
喉からソフトボールぐらいの大きさの布団の綿の塊が出て来たというなんとも不可解な話しだった。
藤井は典子の顔をみるため病院に行ったりアパートのそばまで行ったりしていたという。
そこで典子を観察している男がいる事に気付きその男はやがて典子と一緒に暮したのだ。
それは4月の事らしく5月に偶然彼と会ったと思っていたので信じられなかった。

考えて見ると結婚情報サービスには自分の情報を提供している。
また秋吉はメモリックスという会社に勤めていたので彼なら情報を手に入れるのは簡単だと気付く。
もしかしたら青酸カリを手に入れる為に近付いてきたのでは?
そんな事を疑いながら誰もいない家に帰ったのだ。

彼が急にいなくなったので持っていたファイルに書かれていた今枝探偵事務所へ行ってみると事務員しかいなかった。
秋吉という名前で依頼があった事も調査対象にもなった記録がないと言う事で手掛かりがなくなってしまった。
そんな時、今年の春まで刑事をしていた笹垣という男が訪ねて来た。
今枝さんが行方不明だという、しかも行方不明となった時期は彼が青酸カリを持ってどこかへ行った頃だ。
秋吉の写真を見せられ知らないかと聞かれたが迷いながらも知りませんと答えた。
帰ろうとした笹垣は典子が以前、秋吉の育った街を撮った写真を見付け言った。
「この写真にはキリハラという質屋が写っていますね、この写真の人物は桐原亮司といいます」

白夜行<ネタバレ・あらすじ>⑧⇒⇒唐沢雪穂の魔力 

白夜行(東野圭吾)<ネタバレ・あらすじ>⑥知り過ぎた探偵の最後





<ネタバレ・あらすじ>第6章

今枝の事務所に刑事課一係の笹垣が訪ねてきた。
唐沢雪穂の生い立ちや育った環境やらを何故調べているのか聞いてきたが、
当然仕事上、相手が刑事であっても言えないので「仕事で」と言った。

スーパーマリオの海賊版を売りさばく直前に警察は摘発したが売ろうとしていた松浦という人物が行方不明だと言う。
刑事課一係がこの事件を追う事は、おそらく刑事が探しているのは松浦の死体とその犯人だろうと予想出来る。
一枚の男の写真を見せられ、この男も姿を消しているようだった。
この男は桐原亮司といいMUGENというコンピューターショップを経営していたらしいが、
刑事の話によるとこの桐原は唐沢雪穂の周りのどこかにいつもいるという事だった。
調べた限りそういう男の存在がいる事は全く掴めなかった。

今枝は前に一緒に働いていたものから、
三年前の東西電装株式会社の関係者から依頼された調査報告書を手に入れた。
それは刑事に見せられた男の写真を何処かで見た覚えがあったからだ。
記憶は正しく、この調査をしていたメモリックス社の「秋吉雄一」に違いなかった。
パソコンショップを経営していた経歴も秋吉にふさわしく、
桐原がMUGENから姿を消したという時期は秋吉がメモリックスに入社した時期と合致する。

偶然ではなく東西電装から依頼された調査と今回の調査は実は根っこの部分は繋がっているのでは?

桐原と雪穂に関係があると仮定して三年前の調査を振り返ると答えは出る。
高宮は特許ライセンス部に勤務していて極秘情報を呼び出すIDとパスワードを大事に管理しているはずだが、
妻である雪穂なら簡単に知る事はでき、秋吉に教えるのは可能だ。
三年前は秋吉と高宮の繋がりを一生懸命調べていたがターゲットにするべき人は妻である雪穂だったのだ。
また秋吉は高宮と出会う前の三沢千都留を見張っていた事も雪穂の方が別れたいと考えると納得できる。

雪穂の資産には不透明なところが多く、また高宮の援助なしにお店を出すなんて事は普通では考えられないので調べると株で儲けた金だと分かるが雪穂が株を買うと急激に株価が跳ね上がっていた。
盗聴器をしかけたのが笹垣刑事と思っていたが違う事がはっきりし「R&Y」に行った後だったことから雪穂ではないかと疑う。

白夜行<ネタバレ・あらすじ>⑦⇒⇒栗原典子と秋吉雄一 

白夜行(東野圭吾)<ネタバレ・あらすじ>⑤探偵、今枝直巳





白夜行<ネタバレ・あらすじ>⑤ 

今枝直巳は三年前、東京総合リサーチという会社にいて企業や個人に関する調査全般を請け負っていた。
東西電装株式会社の関係者から、
メモリックスというソフトウエア開発会社の製品を調べてほしいと話しがあった。
金属加工エキスパートシステムという開発経緯や中心になって開発した人間の略歴、交際範囲などを調査する依頼だ。
どうやら東西電装ではそのソフトは盗用されたものだと睨んでいるらしかった!
盗むには東西電装内に共犯者が必要なのでメモリックスの開発担当者の周辺を探れば接点が見付かると思った。

調査を続けるうち主任開発員という肩書を持つ「秋吉雄一」という人物が浮かび上がってきた。
秋吉がメモリックスに入ってから金属加工エキスパートシステムの研究が始まっている。
彼は住民登録していなく部屋を借りる際に秋吉が管理会社に提出した書類は偽造されたものだったのでおそらく名前も本名ではないだろうと思った。

秋吉をマークしていると1人の女性の後をおっていた。
その女性がゴルフ教室に入るのを確認すると秋吉はパンフレットを持って出て行った。
女性について調べると名前は三沢千都留といい、かつて東西電装に派遣されていた事が分かり秋吉と東西電装の繋がりを見付けた。
それだけでなく彼女と一緒にいた高宮誠は東西電装の社員であり特殊ライセンス部だった。
高宮が三沢を相手に不倫しているようだがソフト盗用に関連しそうな手掛かりは見付けられなかった。
そのうち依頼人から調査の打ち切りを要求されここまでの調査報告書を提出した。
独立した今枝はゴルフの練習場で偶然、高宮誠と知りあう。
三年前、調査する中でたまたま出てきた人物でその時の不倫相手の三沢千都留は現在、高宮の妻になっていた。
高宮と名刺交換する時、千都留の後にいた篠塚一成とも名刺交換をしたが、その篠塚から「唐沢雪穂」について調べて欲しいと言われる。
彼女は現在、篠塚の従兄と交際しているらしいが結婚歴があり前の夫は高宮誠だった。
丁度、調査を打ち切った頃に高宮と雪穂は離婚していた。
離婚した後、彼女が経営する店に篠塚は従兄を連れて行った事が彼女と従兄の出会いらしい。
従兄は結婚を申し込んだそうだが彼女の答えははっきりしないものだという。

篠塚の話によると、
唐沢雪穂を見ていると得体の知れない不気味さを感じ彼女と深く関わった人間は必ず不幸な目に遭っているという。
大学時代の川島江利子がレイプされた事件、高宮が離婚した事も表上は彼が悪くても真相は分からないとの事。

大阪に行き彼女が育った場所へ行ってみる。
西口雪穂という名前だったが母親が亡くなってから唐沢礼子に引き取られ唐沢雪穂になった。
母親は事故死なのか自殺なのかはっきりしなかったが、
複数の男性と関係を持つ事でお金を稼いでいたらしくその中の男、桐原洋介が何者かに刺殺される事件があった。
それだけでなく彼女が中学の頃、雪穂の母親が桐原洋介を殺し自殺した噂が流れ、その噂を流した人はレイプされ学校に来なくなった。
しかもその被害女性を発見したのは唐沢雪穂だ。

彼女が経営しているブティック「R&Y」にバイトで雇った女性を連れてカップルとして行ってみると、
篠塚の紹介で来た事を告げた時に普通はお付き合いしている従兄の名前を言うはずだが一年以上会ってない一成の名前が出た事がひっかかった。
また一成から借りている腕時計をしている事も一成の物と分かっているようだった。
篠塚に聞くとその腕時計をはめた時は高宮・唐沢の結婚式の時だけだったようだ。

唐沢雪穂が好きだった男は篠塚一成なのではないだろうか?
そう考えるとすべてが繋がってくる。
また彼女が中学の頃のレイプ事件と大学時代の江利子へのレイプ事件がまったく同じ手口なのが引っかかった。
全裸で縛られ写真を撮られた事件だが二件とも身体への被害はない。

バイトで雇い一緒にお店に行ったものから連絡があり誰かが家に入った気がすると相談され
彼女の家に行ってみると電話機の中から盗聴器が見付かった。

白夜行<ネタバレ・あらすじ>⑥⇒⇒⇒知り過ぎた探偵の最後 


スポンサーリンク

最新記事


応援↓↓お願いします



読書日記ランキングへ